車走行距離

車を売るすべての人へ

車の査定額と走行距離

 車の査定で少しでも高い査定額を出してもらうためには、走行距離を短くすることがとても大事です。走行距離は、単純に短ければ短いほど、それだけ車体に負担がかかっていないということですから、査定をしたときプラスの評価をされやすい重要なポイントです。



 ただ、車の査定をするときは、走行距離を変えることはできません。ですから、査定をする前、車を買った時点から走行距離を少なくするための努力をしなければいけないのです。



 車を通勤に使っている人など、やむを得ない事情がある場合は走行距離をなかなかセーブすることができないのかもしれません。



 ですが、特に用事もないのにフラッとドライブしてみたり、目的地まで歩いたり自転車で行ける距離なのに自動車に乗ったりなど、自動車に乗らなくても良いタイミングでは、なるべく自動車の運転は控えるべきです。



 たとえ、無駄な運転をした距離が短かったとしても、積み重なれば長い走行距離になってしまうので、査定額を上げるため、走行距離は少しでも短くするよう意識すべきです。